オフショア金融・オフショア事業・オフショア運用〜Offshore financial information research committee meeting〜





〜中小企業や個人を取り巻く環境〜

昨今、日本を取り巻く世界の環 境や、日本国内においても終身雇用を前提としていた社会
からの
個人に対する変化、また中小企業を取り巻く外部要因の変化など、経営や人生設計に
対して
今までの常識が崩れ、新たな方法を模索し生き残りを賭けて、様々なスキームが必要に
なって
います。

世界的にも少子高齢化が問題となっている国も多く、成熟した経済の中では急激な企業の成長
などは、望んでも難しい課題です。社会のあり方・・・企業の有り方・・・個人のあり方など、今
までの
常識では問題の解決すら難しくなって来ています。


〜このスキームをどう生かすか〜

て、上記のような環境やその他の外部要因から、スキーム自体をどう生かすか?そし て
スキームから得られる部分をどう生かすか?そう考えますと、自ずと色々 な考え方が見えてくる
かと思います。中小企業や、個人でも世界の許認可を使って単純に稼ぐ方 法から始まり、各自の
知識や、スキームに対する考え方や利用の仕方などにより、多くの方法が 思いつきます。

お金を稼ぐだけでなく〜上手く残し次の世代に繋げる〜これ も 必要な考え方になります。

この考え方につきましては、本当に色々とありますので世界金融問題評議会のスキームも
含めて有効な方法を、ご提案させていただけきます。

非合法な方法は、もってのほかですので対応致しません。しかし、日本国 内のドメスティックな
常識に縛られるのではなくグローバルな視点で、より幅広く資産や資金の スキームを使用する
ことにより、豊かな会社形成や人生設計に役立てることを第1に考えてい ます。

オフ ショア金融事業ライセンス研究委員会とは?その理念⇒

inserted by FC2 system