ブックメーカー設立 スポーツベット設立 bookmaker設立  sportsbet設立 ブックメーカー スポーツベット bookmaker sportsbet





〜オフショアブックメーカー設立〜

インターネットの爆発的な発展進化は、20年近く経ちます。成熟しつつある先進国だけでな く
今発展を
続けている国々、また今後発展が見込まれる地域も情報化が進み、全世界で様々な娯楽
など瞬時に、情報を共有することが可能になりつつあります。
国境と言う垣根を越え、様々な文化形態の事象が賭けの対象になり、その遊び方は無限の広がりを
持っています。世界各国でなじみの深いスポーツ・文化など、あらゆるジャンルで健全なギャンブル
として運営されています。

各種控除率(参考)
競馬等の公営ギャンブル  約25%
宝くじ等の公営富くじ      約50%
ぱちんこ等の民間       約20%
海外オンラインカジノ     約 6%

では、ブックメーカーはと言うと、海外のオンラインカジノと並び約6%と非常に低い控除率により
顧客と企業間で健全な運営がなされており、今後も多くの需要を見込める分野であると思います。

〜ブックメーカーは儲かる?〜

では、上のような控除率でもブックメーカーは果たして儲かるのでしょうか?

一例として、欧州サッカー界では、ブックメーカーがユニフォームスポンサーとなるケースが多く

見受けられます。2013-2014シーズンの欧州主要リーグにおいて、多くのブックメーカーが

ユニフォームスポンサーなどをしています。


イングランドプレミアリーグ

マンチェスター・シティFC(M88・MANSION Group)

ストーク・シティFC(Bet365)

スウォンジー・シティAFC(32Red)

ウェストハム・ユナイテッドFC(SBOBET)

ウィガン・アスレティックFC(12BET)


イングランドチャンピオンシップ

ボルトン・ワンダラーズFC(188BET)

ウォルヴァーハンプトン・ワンダラーズFC(Sportingbet)


イタリアセリエA

USチッタ・ディ・パレルモ(EUROBET)


スペイン・リーガエスパニョーラ

レアル・マドリッド・クルブ・デ・フトボル(bwin)

セヴィージャFC(Interwetten)

 

また、ユニフォームスポンサー以外にも大会自体の公式スポンサーとなっているウィリアムヒル

bwinが、マンチェスター・ユナイテッドのベッティングパートナーとなるなど、ブックメーカーと

サッカー界は密接に係わっています。


老舗のブックメーカーから、2000年頃に設立された比較的新しいブックメーカーが色々な

チームを支援しています。インターネットの環境変化により世界的な規模でアクセスが見込め

今後も新しい文化として広がりを見せていく可能性を秘めています。

 

〜なぜ?今、設立するのか?〜

なぜ?今、設立するのか?日本は工業立国として輸出産業がこの国を支えて来ました。しかし
未曾有の震災後、原発事故やその他の要因により工業立国として輸出産業の転換期を迎えて
居ると思います。
今、お台場を初め大阪においても、カジノ構想が持ち上がりつつあり、官民一体で違った産業を
育成する流れや、各国との交渉により人や物、お金の流れが劇的に変化する可能性があります。
そういったことから、海外の事業免許などを積極的に先行取得しノウハウを持てば、自国内での
カジノ構想が認められた場合、許認可取得に優位に働く可能性があります。
ブックメーカー設立する詳しいメリットに関してはこちらよりお問 い合わせください。

inserted by FC2 system